噂の投資

投資情報のまとめブログです。

    1: 2019/03/05(火) 02:23:24.920 ID:HtBS7o3L0
    10万円スタート!

     

    2: 2019/03/05(火) 02:24:09.250 ID:e5dKVCbQa
    せめて50万からにしろ

     

    3: 2019/03/05(火) 02:24:12.379 ID:HtBS7o3L0
    何から覚えればいい?

     

    6: 2019/03/05(火) 02:24:18.856 ID:VSuC+zq/0
    FXには手を出してはいけないということ

     

    4: 2019/03/05(火) 02:24:12.732 ID:1hLtKDsM0
    バナナうんこパクパク


    続きはこちら

    1: 2019/03/05(火) 11:48:19.80 ID:OUdgjPaX0● BE:256273918-2BP(2000)

    【社説】韓国所得下位800万世帯、「所得37%減」の衝撃

    2018年第4四半期(10-12月)の韓国の所得下位20%の世帯所得が前年同期を約18%下回り、2003年の統計開始以来で最大の減少幅を記録した。税金による公的補助金を除けば、約30%も落ち込んだことになる。

    最低賃金引き上げと関係が深い勤労所得は37%減少した。目を疑いたくなるほど衝撃的な統計だ。その上の階層に当たる所得下位20-40%の所得も5%減少し、全国の世帯の40%(800万世帯)が1年前よりも貧しくなった。



    続きはこちら

    1: 2019/03/06(水) 21:12:26.38 ID:CAP_USER

    SMBCコンシューマーファイナンスは6日、30~40代の金銭感覚に関する調査結果を発表した。「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6%増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下。同社は「景気回復が働き盛りの賃金上昇につながっていない」と分析している。

    貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、40代は同120万円減の196万円だった。消費について9割近くが「無理せず買える範囲で買う」と回答し、堅実な消費意識が浮かんだ。「年収がいくらだったら結婚、出産しようと思えるか」との問いでは、結婚が500万円以上、出産は600万円以上と答える人が多かった。


    続きはこちら

    このページのトップヘ